「トマト酢」の研究技術情報

「トマト酢」の研究技術情報:研究テーマは「トマト酢」。現代人の悩みの1つ。様々な「血流」の悩みを解決する為、今日も研究は続く。
ここでは研究により発見され、ライオン製品のカギとなっている技術・研究成果を紹介します。

トマト酢とは トマト酢と血圧の関係

トマト酢とは

1) トマト酢の特徴

「トマトが赤くなると医者が青くなる」というヨーロッパのことわざを耳にされたことはありませんか?
「トマト酢」は、健康野菜の代表のような「トマト」を原料として、醸造法により作られたお酢です。血圧に対する関与成分である酢酸を5%含み、トマト由来のミネラルや、機能性で注目のグルタミン酸、γ-アミノ酪酸(GABA)が含まれ、カリウムが多いのが特徴です。

トマト酢の成分
2) 酢の血圧に対する効果

酢の主成分である酢酸は、血管拡張効果により、血管抵抗を緩和し、血圧を下げる作用があります。
その作用機序は、(1)酢酸が体内に吸収され、アセチルCoAに代謝される際に使われるATPが、血管拡張作用を有するアデノシンに代謝される。(2)血液中に放出されたあとアデノシンが、血管のアデノシン受容体を介して、血管を拡張させ、血管抵抗性を緩和させるためと推測されています。

次は・・・研究データ トマト酢の効果の検証

pagetop