足腰の科学研究室

足腰の科学研究室:テーマは「足腰の健康」。健康な足腰を生涯にわたり維持していくために役立つ情報、いつまでも元気に過ごせる秘訣等を紹介します。

ロコモとは

健康寿命とは

「健康寿命」とは、健康で自立した生活ができる期間のこと。健康寿命と平均寿命の差は、男性で約9年、女性で約12年。この間、介護など、人の手助けが必要になる可能性が高いということになります。

平均寿命と健康寿命

ロコモとは

では、人の手助け、つまり要支援・要介護になる原因の第1位は何かご存じですか? 答えは「運動器の障害」です。
運動器とは、筋肉、関節、骨などの体の動きに関わる部分のことです。足を中心とした運動器が衰え、「立つ」「歩く」といった機能が低下してしまう状態を「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)=ロコモと言いますが、健康寿命を延ばすためには、ロコモにならないよう足腰を強く、健康に保つことが重要です。

要支援・要介護になった要因

ロコモ(運動器症候群)にならないために

階段足腰の健康といえば骨や関節のケアを考えがちですが、最も効率的なのは筋肉をつけることです。筋肉をつけると関節への負担が減るので、関節痛予防になります。そして体をしっかり動かせるようになると骨強化にもつながります。
生涯にわたり健康な足腰を保つためには、早めに筋肉対策を始めることが大切です。

次は・・・加齢による筋力の低下

pagetop