田七人参の研究技術情報

田七人参の研究技術情報:研究テーマは筋肉での糖の代謝。「血糖」の様々な悩みを解決する為、今日も研究は続く。 ここでは研究により発見され、ライオン製品のカギとなっている技術・研究成果を紹介します。

田七人参効果検証2 ヒトの空腹時血糖を低減

パナキサトリオールが、ヒトの空腹時血糖を低減

血糖値が高めのボランティア12名(健常者)の協力により、ヒトへの血糖値への影響を調査しました。その結果(12名の血糖値の平均値)が【図3】です。

図3)パナキサトリオール8週間摂取によるヒトの空腹時血糖値の変化

パナキサトリオールを含むカプセルを1日1回、8週間、午前中の食間に摂取したところ、12人中10名に、空腹時血糖値の低減が見られました。
また、これに続いて、食後血糖値も評価しました。食事前の血糖値を測定後、炭水化物200gを摂取し、血糖値の変化を測定。パナキサトリオールを摂取することで、摂取前からの有意な食後血糖上昇抑制効果を確認できました【図4】。

図4)パナキサトリオール8週間摂取によるヒトの食後血糖値の変化

さらに、血糖値を測定する別の指標として、血液中のアルブミンが糖と結びつく割合(グルコアルブミン%)を調べ、ここでも、血糖値が下がることが確認できました【図5】。

図5)グルコアルブミン(GA)の変化

これらからわかるのは、パナキサトリオールが血糖値に働きかけること、そして特筆すべきは、空腹時の血糖値にまで働きかけていることです。このことから、パナキサトリオールが、筋肉の糖代謝に働きかけていることが推察できます。

エネルギーとして燃やす働きをサポート 筋肉への取り込みをサポート

pagetop