茶花エキスの研究技術情報

ここでは研究により発見され、ライオン製品のカギとなっている技術・研究成果を紹介します。

茶花エキスのはたらき

茶花エキスとは

茶花 お茶には、緑茶、ウーロン茶、紅茶など、いろいろな種類がありますが、実は、元は同じ茶の樹(ツバキ科)の葉を使用しています。
日本では、茶の葉に養分を巡らせ、より良い茶葉を生産するために、茶の花はすぐに摘み取られてしまいます。しかし、最近の研究により、茶の花には、茶の葉や他の花には存在しない、特有の成分が含まれ、それらは様々な機能を持つことが分かってきました。
茶花から抽出された茶花エキスは、サポニンなどを含み、「脂肪吸収抑制」、「食欲抑制」、「中性脂肪上昇抑制」、「血糖値上昇抑制」などの効果があることが確認されております。

茶花エキスの効果の検証

茶花エキス末100mg/日を含む食品を摂取する群(投与群)と、摂取しない群(対象群)で、ヒト臨床試験を実施した結果、茶花エキスを摂取した 群は、摂取しなかった群と比べて、4週間後の体重、太股周り、腰周り、BMI、において、有意な減少が認められたことが報告されています。(被験者:20-40歳、女性、BMI 25-30、1群10人)

  • 体重
  • 太股周り
  • 腰周り
  • BMI

「食品と開発、48(10)、86-87(2013)、播磨 章一」

pagetop